こころを晴れ模様に

解離性運動障害と共に生きる20代のブログ

自分が思っているほど、焦らなくてもいいのかもしれない。

f:id:takkun-24:20180910062514j:plain2週間前に風邪をひいてしまい、そこからメンタルも急降下。

 

心療の病院のことも忘れて早2週間、やばっ!と思って、予約の取り直し。 

 

そしてやっと、メンタルも上がってきたところでブログの存在を思い出し。

 

カフェオレを片手にパソコンの画面とにらめっこ。

 

何を書こうか・・・。

 

 

 

そう、最近何を書いていいのか完全に迷子になってしまっているんです。

 

 

 

仕事を始めて、あっという間に1ヶ月。

 

もう2ヶ月目も半ばにさしかかろうかというところです。

 

 

 

仕事をしながら気づいたことがあります。

 

 

自分が思って、感じているより、もっと落ちつて焦らなくてもいいのかもしれない。

 

 

ということに。

 

 

昔から時間に追われてる人を見ては

「なんであんなに時間に追われてるんだろう…」と、思っていました。

 

 

ですが、時間に追われていたのは自分自身だったのです。

 

 

 

何かあると、時間を気にして「早くしないと!」と思っては焦ってしまったり。

 

普段生活しててもどこか落ち着きがなく、次へ次へと行動しようとしたり。

 

 

 

周りの人より、1.5倍であったり2倍という時間感覚で動いているような感覚を覚えました。

 

 

 

ということは・・・。

 

自分が思っているほど、もっと時間に対して焦ったり、慌てたりしなくてもいいのではないだろうか。

 

 

 

たしかに、昔からテンパって焦れば焦るほど、失敗をしてきた記憶がある。

 

今思えば、なぜか早く解決をしないと、という気持ちだけが先走り空回り。

 

 

本来の自分の能力を抑え込む方向へ方向へと行動していましたね。

 

 

 

もっと自分に余裕を持たせてあげないといけないのかなと思いました。

 

 

 

 

今回は仕事を通して、自分自身を見つめ直して成長している感があります。

 

 

と言ったところで、今回はここまで。