こころを晴れ模様に

解離性運動障害と共に生きる20代のブログ

自分はどこへ向かって、何をして生きていきたいのか。

f:id:takkun-24:20180625105203j:plain

このまま、アルバイト感覚で始めたアパレルの仕事をするのか。

 

また転職をしてしっかりと社会人に復帰するのか。

 

 

はたまた、一度心折れた半年前に思った、ブロガーとして活動をするのか…。

 

 

 

いったい自分はこの先何をしていきたいのだろうか。

 

と思ったんので、布団の中からノートパソコンに向かって

 

暖かいカフェオレと共に更新して行こうと思います。

 

 

 

そういえばなぜ、ブログを始めたんだろうか…。

 

 

 

それは、自分と同じ病気や心の病の人と繋がりを作るため。

 

また、そうなりかける人に向けて自分の体験談を綴っていたような気がしました。

 

 

 

それが自分の趣味のことも書くようになり、ブログ分けては

 

新しくスタートさせたり、仕事を始めれば更新頻度は激減。

 

 

 

ブロガーとして活動するには皆無に近い状況。

 

 

しかし、何かを発信したいという気持ちは強く残っている。

 

しかしその何かがなんなのかが未だはっきりしないでいるもどかしさと共に生活。

 

 

 

ブロガーとして生活していくための環境は休養の半年に整えてあるわけだが。

 

 

せっかく整えた世界をこのままに無駄にするのも勿体無い。

 

 

 

祖母の体調の関係でまだ、一般サラリーマンのように週5勤務で働くのは難しい。

 

故に週4勤務の午後から働ける環境に身を置いているわけで。

 

 

正直言えば、使える時間はたくさんあるはず。

 

 

その時間をなんの利益も産まない、ギャンブルに依存しているが故に貯金も減っていく一方。

 

 

自分の人生はこんなのでいいのだろうか。

 

 

自分を取り戻すブログなんて謳っておきながら今だ何も変わっていない気がする。

 

 

変わっていないのではなく、変えようとしていないことに気づいた気がする。

 

 

 

ブログを始めたもう一つの理由

 

 

それは、自己理解を深めるため。

 

そんな理由もあって始めた気がしました。

 

しかし、なんの自己理解も深めれていない気がします。

 

 

こうやって、書き綴ることでやっと自分が今どこに立っているのかが見えてきたような気がして。

 

これこそが本来求めていた自己理解のための始めたブログの活用法という感じがしています。

 

 

 

もう少し、自分がブログで何を伝えたくてどうしていきたいのか。

 

もしくは、ブログはあくまでもきまぐれとして、いち社会人として生きていくのか。

 

 

 

好きなことで生きていくというのはとても責任とリスクを伴うことだが。

 

せっかくならそんな「いばらの道」へ足を進めるのもありなのかもしれないと。

 

 

 

ふと思ったことを書き綴っていたら感じたひとときでした。