僕が心の病になるなんて

自分の人生を取り戻すために。自分を生きるためのブログ

自分を変えるため、「5秒の法則」を再び取り入れてみた。

f:id:takkun-24:20180913065100j:plain


 

皆さんは「メルロビンスの5秒の法則」を知っていますか?

 

 

僕がメンタルを崩す前に少し実践してたことなのですが、

 

薬をほとんど飲まなくなった今、再び生活に取り入れてみようと思ったので、

今回ピックアップしたいと思います。

 

 

5秒が人生を変えると言っても過言ではない。

 

 

 

なんでも、先延ばしにするタイプの僕が、

 

以前に取り入れたとき、確かな効果を実感したんです。

 

その「5秒の法則」の正体とは一体なにか。

 

 

 

「あぁ〜朝か…起きないといけないけど…」なんてことありますよね。

 

 

以前の僕は、そのままダラダラと布団に潜っていました。

 

ですが、5秒の法則は「起きよう!」と思ってから5秒数えます。

 

 

その5秒の間に行動に移すのです。

 

 

 

やる気が出ないから、行動ができないと思いがちですが、

 

本当は逆なんです、行動しないから、やる気が出ないんです。

 

 

 

『やる気はゴミである』

f:id:takkun-24:20180913065354j:plain

 

 

 

これを聞いた時は、正直驚きました。そして、考え方が少し変わったような気もしました。

 

 

実際、実践してみた期間、やる気を出そうなんて思わなくなりました。

 

むしろ、行動することでやることが必然になるので、自ずとやる気がついてくる感じでした。

 

 

 

「やる気を出す」という言葉がマイナスの言葉に聞こえるようになったと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

では、どうして5秒の間に行動に移すのでしょうか。

 

 

それは簡単。

 

人間は5秒以上考えると、それをしなくてもいいように言い訳を考え出すからです。

 

 

言い訳を考え出さない、5秒で行動に移すことでやる気が生まれるのです。

 

 

 

 

やる事が発生してからの、5秒はもちろん辛いかもしれません。

 

ですが、5秒後に行動していると思ってください。

 

 

時間を有意義に使えると思いませんか?

 

 

 

 

目標は、5秒の法則を意識せずに行動に移せるようになること。

 

 

 

人間は慣れる生き物と言われているだけあり、

 

1週間、2週間すれば意外と5秒の法則を意識せず、体が動くようになります。

 

 

 

起きようと思ってからの5秒。

 

起きてからの次の行動、歯磨き、トイレ、朝食への5秒

 

 

グダグダしがちな朝を変える5秒。

 

 

やる気ができないけど、やらないと終わらない時の5秒。

 

 

辛いの行動に移す5秒だけ。

 

 

 

動いてしまえば、もう弱い心に勝ったと言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

先延ばしにしがちな自分を変えたい。

 

朝なかなか起きれず、2度寝や3度寝をしてしまうのを改善したい。

 

やる気をどうにかして出したい。

 

 

それなら、今すぐ5秒のカウントダウンを!

 

 

最初は辛くても、魔法の5秒の力を実感できる時がくるでしょう。

 

 

 

僕と一緒に5秒の法則始めませんか?