僕が心の病になるなんて

自分の人生を取り戻すために。自分を生きるためのブログ

心の病はサボりや甘えではなく、人生の息抜きの時間だ。

f:id:takkun-24:20180615225635j:plain

しっぽり机の前に座り、ぼーっとする寝る前のひととき。

 

 

パソコンに向かって、その時思ったことを自分なりの言葉で綴る。

 

 

意外とこんな時間が好きな、どうも!たつまるです。

 

 

 

働こうと次の職場に目星をつけたところで、

 

心の病で倒れていた約6ヶ月間、半年をふと思い返してみました。

 

 

 

倒れた当初は、自分の人生はここで終わったかもしれない・・・

 

 

体が動かなくなったことで、そう感じてもおかしくなかった状況でした。

 

 

 

でも今思えば、人生という長い時間の中で少し息抜きをしたんだなと思うんです。

 

 

 

 

 

自ら、「心も体も保たないよ!」と教えてくれたんだと思うんです。

 

あのまま続けていたら、どうなっていたか。

 

 

 

体が一時的に動かなくなるだけではすまなかったかもしれないんですよね。

 

 

 

 

 

心の病は、ストレスからのエスケープ。

 

 

 

よく、サボりたいだけとか、甘えだとか言われますが違うんです。

 

周りから何と言われようと関係ないんです。

 

 

これは自分自身が息抜きが必要だとどこかで感じたから起こっていること。

 

 

 

数ヶ月で済む人もいれば、半年、1年、2年と時間が必要な人もいるでしょう。

 

 

 

f:id:takkun-24:20180604064858j:plain

 

理解を得ようとせず、思うままに生きよう!

 

 

 

 

病気になったら、まず周りの人に理解してもらおうと思いますよね。

 

 

 

周りは基本的に理解なんてしくれません。

 

 

だから、

周りに理解を求めている時点で自分の療養にならないと思いました。

 

 

 

相手に対して、僕、私は「こうだから!」と理解を求めるのは人の目を気にしてるだけ。

 

 

そうではなく、「自分はこうだから、この先はこうやって生きたい」と

そこだけに向かって動くようにしてから、気持ちが楽になった気がします。

 

 

すると、そこに向かって支えてくれる人が自ずと寄ってきたんです。

 

 

この療養を通して、それをすごく感じました。

 

 

 

心の病は、自信を持って療養すること!