こころを晴れ模様に

解離性運動障害と共に生きる20代のブログ

自分を知る?エムグラム診断を再びやってみました。

f:id:takkun-24:20180710092327j:plain

ふと思い出したことがあり、湯船に浸かりながらのんびりとやってみました。

 

 

それは、エムグラム

 

皆さんはエムグラムをご存知ですか?

 

半年前に入院した際に、自分について考えたことがありその時にスマホで見つけたのが

105個の設問に答えることで、自分の8つの性格を診断してくれるというエムグラム。

 

 

半年前にそういえば!とふと何を思ったか思い出しので、

もしかしたら何か変わっているかもしれないよな…。

 

とやってみることにしました。

 

 

半年前の診断結果はどうだったのか

まずは、半年前の結果からみていきましょうか。

 

この頃はまだ入院をしていて、ブログすら初めていない頃です。

 

 

f:id:takkun-24:20181127211714p:plain

 

そしてこれが今回の結果

f:id:takkun-24:20181127212021p:plain

 

ぼちぼち変わっている部分があるので、早速比較をしていきましょう。

 

優しさ

ここに関しては変化なく、「少し優しい」のままですね。

優しすぎるのも難ありという感じがするので、これくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

 

繊細さ

ここも優しさ同様に変化なく、「かなり繊細」のまま。

何か不安なことがあると、すぐ気が滅入るので繊細も繊細なんだと思います。

 

協調性

ここは微妙に変化あり。「協調性が高い」⇨「協調性があります」

どっちがよかったのだろうかと思うところではありますよね。

考え方次第、自分の過去を振り返るのならプラスの変化のような気もします。

 

協調性が高いあまりに、YESマンにならざる負えなかったと思うと。

無いよりはあったほうがいいし、ありすぎても困るから、ちょうどよくなったのかもしれないですね。

 

社交性

ここは大きく変化したと思います。「引込思案気味」⇨「若干おとなしい」

たしかに自分から積極的に接しに行くことを覚えた気がします。

それでもまだ「おとなしい」と言われるので、診断結果も変化していることに驚きです。

 

 

この中でもとても大きな変化で喜ばしいのが。

 

「心配性」⇨「ポジティブ気味」へと変化していることですね。

 

これは僕自身でも少し感じ初めていたことなので、診断結果で出てきたことはとても嬉しいことですね。

 

いまだに心配性なところはありますが、それでも半年前に比べると、心配になることも減ってきた気がします。

 

これも、周りでサポートしてくれる友人や家族のおかげだと思います。

 

 

診断結果を通して・・・。

 

今回ふと思い出して、やってみたエムグラムですが、また気づかされることがありました。

 

変わらない部分と変わる部分、というより変われる部分があるということと。

自分を変えるのは自分ではなく、周りにいる人間だということ。

 

自分をプラスに変えてくれる人には感謝の気持ちですね。

 

でも今思おうと、マイナスでも自分を変えるきっかけをくれた人にも感謝するべきなのかもしれません。

 

 

もし、この記事を読んでエムグラムを知ったという方はやってみてはいかがでしょうか。