こころは宇宙のように

精神障害を乗り越えて自分らしさを探す20代のブログ

3回目のエムグラム性格診断の結果が凄かった

今回はタイトルの通り3回目のエムグラム診断をしました。

ということは、病院のベットに沈んでからもう3年目になるんですね。

そもそもなぜエムグラム?

まずは僕がなぜこのエムグラムの性格診断を毎年しているのかについてですね。

簡単に言えば自分の分析をする為、現在の自分と向き合っていく為です。

 

入院生活中に「自分と向き合うためには」などということを調べていたら

偶然このエムグラムの性格診断に行き着きました。

ものは試しにと思い、半信半疑で100問ちょっとの質問に答えてみました。

すると、結果はその時のメンタル面そのものでした。

 

その時の診断結果がこちら

f:id:takkun-24:20181127211714p:plain

2018年の4月、まだ下半身がうまく動せずにベットの上と、

辛うじて病室のトイレに看護師さんの力を借りて行けるレベルでしたね。

なので倒れて2週間くらい経った時に診断したものです。

 

この頃は多くのことに対して腰が重かったですね。

その割には周りに合わせようとしていたので協調性も高かったですね。

今思うとこの頃の協調性はまた違ったものだっかなと思います。

そしてとても心配性でした。

優しさとか新しいものが好きなのは昔からだったのでほとんど当てはまりました。

 

2度目の診断結果というと?

2度目の診断は社会復帰のためにアルバイトを始めた頃ですね。

f:id:takkun-24:20181127212021p:plain

 

かなり繊細や協調性、優しい、誘惑に弱めの半分は変わってないですね。

ですが半分は変わっていますよね。

この頃は少し仕事をまたしたいと思いはじめ、心境の変化が始まった頃だったと思います。

 

心配性や腰が重いというのがなくなり、ポジティブ気味だったり察しが良いなどんい変わっています。

半年くらいで心境の変化があったぶん、診断結果にも出てきていますね。

マイナス面ばかりだった中にプラス的な要素が増えてきていました。

 

では今回の診断結果は?

それでは、3回目の今回の結果はどうだったのかですよね。

今回の結果こちらです。

   f:id:takkun-24:20200510161419p:plain

 

こんな感じになりました。

どうでしょう、1年半経ってからの結果と最初の結果を比べると

自分の生まれつき持った性格というのは変わらないですが、

大きく違うのがわかると思います。

 

協調性、誘惑に弱いというのは小さい頃から持っている感じがありますね。

ですが今回の協調性と前回、前々回の協調性の質が違っている気がします。

前々回の頃は自分を押し殺して他人に合わせるというものでした。

ですが今は、自分の意見を持ちながら周りとしっかり連携を取ったり

というものに変わってきていると思います。

 

ではこの今回の結果と最初の結果を比較をしてみましょう。

    f:id:takkun-24:20200510162205p:plain

当時自分の名前で登録していたので名前がNishiになっています。

 

メンタルが壊れてた当時から比べるとこんなにも変化があります。

社交性も戻り、共感力、ロジカル度が上がってきている。

一番嬉しいのはメンタルが強くなってきているということですね。

勘が良くなったというのは、僕のスピリチュアル的な面が戻ってきたところにあるとおもいます。

 

診断結果からも精神面が治ってきているのがわかると思います。

当時に比べると、今はとても心も体も楽になっている気がします。

 

こんな感じでエムグラムの診断をすると現在の自分に当てはまる結果がでてくるので

これを自分と向き合う、考える一つのツールとして使用することができます。

なので定期的にエムグラムの性格診断をしています。

 

少し時間はかかりますが、みんさんもエムグラムをしてみていはいかがでしょうか。

〔エムグラム〕で検索